家の修理で使いたいフェンス業者をまとめて紹介!

トップ > フェンスについて > 隣の住人との境界線であるフェンス

隣の住人との境界線であるフェンス

昔では、隣の住人との境界線には、ブロック塀が使用されてきましたが、最近では、フェンスを使用することが多くなってきています。
ブロック塀だと、年月を重ねるとひび割れが起き、最終的には倒れてしまう危険性があります。
また、大きな地震が起きた際に、崩れたブロック塀が落ちてきて、怪我をする事例も出てきています。
それらのことを考慮して、フェンスを使用するようになっています。
また、風通しも良くなり、周囲からの視界を遮ることもなく、美しい自然風景を見て、生活をすることができます。
庭を大きくとって、バーベキューなどを楽しむ人も増えており、昔ながらの日本家屋から、西洋の家屋へとシフトしています。
勿論、昔ながらの日本家屋にも、木造の素晴らしさもありますが、段差が沢山あって生活するのが大変な部分もあり、時代の流れで少なくなっているのも仕方がないことといえます。



外構工事でフェンスを設置するなら

新築一戸建てを購入したときには、庭の外構工事も重要なキーワードと言えるでしょう。
どんなに素敵な外観の家でも、外構次第では「なんとなく残念」な印象になってしまいます。
家と庭を一体として考え、素敵な雰囲気に仕上げていきましょう。
周囲の家から自分の敷地をしっかりと守り、また安易な行き来を防ぐために効果的なのが、フェンスです。
新築工事と一緒に検討される方も多いことでしょう。
こうした場合には、特に雰囲気が重要なポイントとなります。
ぜひ家の外観に合うものを選んでみてください。
比較的安いメッシュタイプのフェンスは、解放感抜群です。
しかし周囲の目線を遮ることはできませんし、庭の植栽の背景として使うことも難しくなってしまいます。
しっかりと目隠ししてくれるタイプを選択するなら、存在感が強くなるため、色やデザイン選びを慎重に行うことが大切です。



子どもやペットがいる家庭にフェンスはオススメ

近年の一戸建ての外構は、オープンタイプやセミオープンタイプが人気となっています。
周囲からの目線をあえて遮らないことで、解放感を高めることにもつながります。
また常に周囲の目があることで、防犯性能の高さも期待できることでしょう。
とはいえ、しっかりと家をフェンスで囲むスタイルにもメリットは存在しています。
特に小さな子供やペットを飼っている場合には、嬉しいポイントも数多くあります。
小さな子供やペットと一緒に生活するとき、大切なのは「危険な場所に近付かせない」ということです。
言葉で伝え、きちんと理解してくれるのが理想ですが、残念ながらそれがかなわないこともあります。
危険をあらかじめ遠ざけるために、フェンスで自宅を囲い、「安全な庭」を確立させましょう。
子どもやペットを守るだけではなく、周囲に迷惑をかける行動を防ぐこともできるはずです。

次の記事へ