家の修理で使いたいフェンス業者をまとめて紹介!

トップ > フェンスについて > 近年人気の木製フェンス、メリットとデメリットは

近年人気の木製フェンス、メリットとデメリットは

家の周りをぐるりと囲むフェンスは、侵入者を防ぐほか、家の外観のアクセントとしても使われています。
特に外観を重視する方に人気を集めているのが、木製フェンスです。
これまで、耐久性が高く施工も簡単なアルミ素材やポリカーボネート素材が人気でした。
しかし近年、どこか無機質な雰囲気になってしまうのを避けるため、あえて木材を利用したフェンスを希望する方が増えてきています。
木製の良いところは、なんといっても素朴で自然な風合いを楽しめるという点です。
洋風住宅の可愛らしい雰囲気とも相性は抜群で、家全体を引き立てる背景となってくれるでしょう。
しかし一方で、定期的にメンテナンスをしなければ、わずか数年でトラブルが起きる可能性もあります。
塗装のハゲや腐食はもちろんのこと、実はシロアリにやられてしまうケースも少なくありません。
素朴な風合いとメンテナンス性能、どちらも譲れない場合には、樹脂で木材の風合いを真似ている商品を選択するのもオススメです。



外構工事、フェンスの色選びで迷ったときには

夢の一戸建てを購入し、外構工事についてプランニングをしているとき、「フェンスの色」について迷うこともあるでしょう。
家を囲うものですから、人の注目を集めやすいポイントとなります。
色選びを間違えると、「なんとなくしっくりこない雰囲気」になってしまう可能性もあります。
フェンスの色はどう決めるべきなのか、具体的に教えます。
色選びのポイントとなるのは、家全体の雰囲気とマッチするものを選ぶ、ということです。
そのためには、家の外観に使われている色の中から選択すると失敗しません。
たとえばサッシの色がシルバーやグレー系の場合、それと似た色合いを選択すると一体感が出ます。
これ以外にも、玄関ドアとリンクさせたり、アクセントとなっている外壁と揃えるのも良いでしょう。
奇抜な色は、周囲からの目線も気になるものですから、落ち着いた色合いが人気を集めています。



どこにでもサッと置ける目隠しフェンスが人気です

フェンスと言えば、庭全体を囲むように設置するものをイメージする方も多いでしょう。
しかし現代では、家の庭のアクセントやちょっとした目隠しとして、移動可能なフェンスを設置する方も増えてきています。
樹脂やアイアンなどで作られた製品が人気で、ガーデニングと組み合わせて楽しむ方も増えてきています。
住宅密集地で生活をしていると、周囲からの目線が気になることもあるはずです。
しっかりとした壁で目線を遮るのも良いですが、コストもかかり、防犯面でも不安があります。
また将来必要なくなったら、と想像すると、イマイチ乗り気になれないというケースもあるでしょう。
こんなときには、置くだけで設置できるパネル状のフェンスを選ぶのがオススメです。
多くの場合、プランターなどがかけられる仕様になっており、限られた空間の中でガーデニングを楽しみたいときにも、便利なアイテムとなっています。

次の記事へ