家の修理で使いたいフェンス業者をまとめて紹介!

トップ > フェンスについて > 光を入れることができるフェンス

光を入れることができるフェンス

住宅を建てる時、日当たりが非常に重要になります。
そのために、近くに高い建物などが建てられるときにはいろいろ注意しないといけません。
空き地などがあるとき、高いマンションなどが立つ可能性があり、それによって日当たりが失われることもあります。
他人に日当たりを邪魔されるのは困りますが、自分で自分の日当たりを失わせることがあるので注意しましょう。
それはフェンスの設置です。
せっかく日当たりや明るさがあるのに、設置したためにそれらを得にくくなる場合があります。
この時は、透かしタイプの素材を利用します。
ガラスなどもありますが、強化プラスチックなどもあります。
これによって、明るさを確保できます。
すりガラスのようなタイプであれば、外からは中をぼやけたようにしか見ることができないので、隠す効果も同時に得ることができます。



フェンスにとげのある樹木を利用する

バラといえば美しい花を咲かせることが知られています。
しかし、茎の部分にはとげがあります。
握ったりすれば、非常に痛いですし、けがをすることもあるので注意が必要です。
バラにとげがあることはよく知られているので、バラが咲いているところは危険であることも知らせることができます。
フェンスを設置するとき、植物をうまく利用することがあります。
一つにはバラなどのとげのある植物を這わせる方法があります。
これを乗り越えようとするとけがをする可能性が出てきますから、侵入者は躊躇するでしょう。
その家には入られない可能性があります。
カイヅカイブキと呼ばれる植栽もあります。
こちらは改良により柔らかい葉が伸びるようになっています。
ただ、刈り込むことで従来の鋭い葉が出てくるようになります。
防犯性を高めたいのであれば、鋭い葉が出るタイプを利用します。
触るとちくっとするくらいなので、けがをすることはありません。



フェンスがあるだけで防犯性は大きく異なる

住宅には事態によって流行などがあります。
新興住宅地では同じ住宅会社が同じような住宅を建てることがあります。
時代によって、その当時の流行がわかります。
今の住宅は、隣地との境をあまりはっきりさせない作りが多いです。
フェンス等もない場合が多いです。
では、防犯性はどうかですが、もちろんあまりよくありません。
誰でも簡単に敷地内に入ることができます。
すぐにリビングの窓が設置されているところもあるので、気を付けないといけません。
では、防犯性を高めるのはどうすればよいかです。
そこで、建物と境界との間にフェンスを設置します。
新興住宅地の場合、他の住宅との統一性を保つために設置できない場合もあります。
その時は相談をしましょう。
設置されていれば、それを超えないと敷地内に入れません。
ですから防犯性が高まります。
簡単なものでも効果はあります。

次の記事へ