家の修理で使いたいフェンス業者をまとめて紹介!

トップ > フェンスについて > フェンスによって境界をはっきりさせる

フェンスによって境界をはっきりさせる

新興住宅地などでは、建売住宅が販売されることがあります。
既に建てられていることもありますし、建築中のケースもあります。
建築中でも、基本的には建物の変更などの注文はできません。
街づくりから計画を立てて作られているためです。
最近のパターンとしては、隣地との境界がはっきりしないタイプです。
一応ラインなどでわかるようになっていることもありますが、かつてのように塀でしっかり区別することがありません。
こうなると、他人のものが少し入り込むなどが結構あります。
フェンスを境界に設置することで、隣地との境界をはっきりさせられます。
これによって、小さなトラブルでもめることが少ないです。
隣の敷地にものを置く人は、少しぐらいと考えます。
でも置かれた方は少しでも気分が悪いです。
設置しておけば、相手の敷地にはみ出すことはありません。



フェンスはデザインを重視か軽視か

ホームセンターに行くと、いろいろな資材などを購入することができます。
住宅関係の資材もあり、自分で設置することも可能です。
業者に行ってもらえばきれいに正確に取付けてもらえますが、コストを抑えたい場合には自分で設置するのも良いかもしれません。
今フェンスが設置されていないのであれば、設置を考えてみましょう。
どこに設置するかですが、家が単独でポツンとあることはないでしょう。
道路に面しているところ、隣の家と接しているところ、その他になります。
デザインを重視すればその分コストは高くなります。
道路に面しているところは、いろいろな人に見られます。
そのため、デザインを重視するようにしましょう。
少し高くなりますが、道路に1面のみであればそれほどコストもかかりません。
隣地との境界は、境界を示せればいいのでデザインを軽視してできるだけ安いものを使うようにします。



フェンスがあれば庭なども空間も活用できる

住宅を購入するとき、立地や価格が重要になりますが、それ以外には使い方があります。
使い方では、家の中の設備が重視されます。
外はあまり重視されない場合があります。
せっかく庭があるのに、庭をうまく使いきれていない場合があるかもしれません。
庭の使い方は各家庭で異なります。
ガーデニングをすることもありますし、子供が遊ぶ場にすることもあります。
家族との憩いの場にすることもあります。
ちょっとしたスペースがあればバーベキューなどもできます。
しかし周りから丸見えだとうまく使いこなせない場合があります。
それを解決してくれるのがフェンスです。
外と庭の境目に設置をしておきます。
完全に見えなくすることもできますが、見えなくする部分を半分ぐらいにしただけでもかなり使えるようになります。
隠す部分が少なければ、その分コストを抑えることができます。

次の記事へ