家の修理で使いたいフェンス業者をまとめて紹介!

フェンスの設置を行っている業者の比較サイトがある

一戸建ての家に住んでいる人の中には犬を飼っている人が沢山いますが、特に日本犬の場合には家の中で飼っているとストレスが溜まってしまいます。そのため庭で走らせるご家庭も多いのですが、その場合は外に出て行かないようにするためにフェンスを設置する必要があります。

今ではフェンスを設置してくれる業者が沢山あるのでとても助かりますが、料金やサービス内容等は業者によってかなり異なります。ですからフェンスの設置を依頼する場合には、後で後悔しないためにも色々と情報を集めることが大切です。

インターネット等で調べるとフェンスの設置をしてくれる業者に関する比較サイトが沢山載っているので、そのサイトを見てどこの業者に依頼するかを決めることができます。比較サイトでは料金やサービス内容に関することはもちろんのこと、様々なことが詳細に書かれているのでとても参考になります。そのため比較サイトをしっかりと確認してフェンスを設置してくれる業者を決める人が沢山います。

ガーデンライフ彩

公式サイトはコチラ

ガーデンライフ彩は簡単におくだけのフェンスやブロック上に設置するタイプのもの、また、本格的にDIYで設置をするタイプのもの、既存のフェンスやベランダに設置するタイプ等、様々なタイプから選ぶことが出来ます。

また、置くだけのフェンスもデザインが豊富にあります。ボーダー板間隔が1センチのものや3センチのもの、ブラインドタイプのものやマルチボーダー、ラティスタイプになったものがあります。そのため、お庭にぴったりのエクステリアを作る事ができます。

また、会員登録をする事でお得に購入する事が出来る他、事業者様や工務店さま等、仕事で使われる方のために大口での取引も可能です。人工芝や用土、肥料等も購入する事が出来てガーデンライフにとても便利です。

卯之木屋(株式会社ゴーフィールド)

公式サイトはコチラ

ウッドフェンスを施工している卯之木屋(株式会社ゴーフィールド)では、さまざまな種類の材木を取り扱っています。ウリンというよく工事に使われているタイプや、セランガンバツ、アマゾンジャラなどたくさんの種類を外国から直輸入しています。完成イメージに合わせて木を選択することができます。

輸入材木ですが、質は高いものになっています。直接輸入なので現地の提携工場と日々連絡を取り合い、質のいい材木にするため研鑽しています。もちろん、合法的に伐採された材木です。安くていい材木でのフェンスづくりができます。

作れるのはフェンスだけではなく、ウッドデッキなども施工してくれます。施工業者にはウッドデッキを20年以上作り上げてきた専門業者もいます。そうした実績と経験のある各地の施工業者とのつながりがあります。だから造りもしっかりとしたものにしてくれます。

外構工事のガーデンプラス

公式サイトはコチラ

外構工事のガーデンプラスでは坪単価やイメージごとのパッケージを用意しています。フェンスやお庭造りなど総合的に提案してもらえます。パッケージですが顧客に要望に合わせてカスタマイズもしてくれます。わかりやすい価格で理想の外構に仕立て上げてくれます。

全国規模の業者であり、外構関係であればほぼ対応可能です。小規模でも大規模でも依頼できます。玄関周り、フェンス、ガーデン、物置から駐車スペースまで依頼可能です。雑草対策や防犯対策なども施してくれる業者です。

専門のエクステリアプランナーが理想の外構を形にしてくれます。国内で最安値のエクステリアを提供しているエクスショップと提携し、フリープランニングという顧客の希望やアイデアを取り入れる形のプランを用意しています。オーダーメイド型でありながら、コストをなるべく抑えた工事が可能です。

リフォーム ホームプロ

公式サイトはコチラ

フェンスなどの工事を行う際には、まず利用する会社を決めることが必要になります。そのためしっかり比較を行わなければなりません。ランキングではその際に必要な情報を集め、最適なリフォーム会社を選定できるように工夫をしています。

リフォーム ホームプロは、フェンス工事の見積もり比較が手軽に行える会社です。この会社独自の方法で安全なリフォーム会社を選定し、適切な会社を選択する手助けをしてくれます。リフォームのことが分からなくても、簡単に会社を探すことが可能です。

リフォーム ホームプロでは工事完成の際の保証がついている点が大きな魅力となっています。またウェブ上でしっかり見積もりが行えることもあり、初めてフェンス小路を依頼する人にとっても最適な情報を知ることが可能です。

LIXIL

公式サイトはコチラ

LIXILは建具やドア、窓、トイレ、キッチンなど家の中の内装に使うアイテムを販売している会社です。全国にショールームがあります。例えば西新宿のショールームは住友不動産新宿グランドタワー7Fにあり、10時から17時まで営業していて休業日は毎週水曜日となっています。

ショールームに行く前におすすめしたいのが、LIXILホームページにあるシミュレーションコーナーです。カラーコーディネート、玄関ドアと外壁と床タイルのコーディネート、内観のコーディネートなどをシミュレートする事が出来ます。

フェンスの種類やデザインも充実していて、アルミ材を使ったものや、樹脂やスチール素材のものなどがあります。デザインはプライベートを守るような外から見えにくいフェンスや、和風デザインのもの、モダンなデザインのものなど、多種多様にあります。

三協アルミ

公式サイトはコチラ

三協アルミのフェンスは、高品質なフェンスであり、見た目のデザインも空間に合わせて、実現することが出来ます。フェンス一つで、見た目の印象が大きく変わっていくので、こだわりのあるフェンス作りを行うことをお勧めします。

三協アルミのフェンスは、様々な種類のフェンスがあり、その空間に会ったフェンスを選ぶことが出来ます。お客様のご希望にあったデザインのフェンスはもちろんのこと、品質も良いので、とてもお勧めとなっています。

三協アルミはフェンスにより、豊かな生活を実現することが出来ます。フェンスといっても、毎日見るものなので、デザインは良い方が良いし、機能としてもご希望にあったものを提供出来ます。

ガーデニングでDIYフェンス設置方法

ガーデニングでフェンスを設置する際には、家の向きや窓の高さなど様々な事を考慮した上で目的に合わせたフェンスを設置する事が必用です。
DIYでフェンスを設置する際には設置場所とサイズを決めて基礎を作り、柱を立てて笠木を付けて柱の水平を確認して柱を固定してフェンスを設置します。用意する材料としてフェンス用板材と笠木材、ステンレスビスとフェンスブロックを準備して、モルタルを用意します。
準備しておく道具としてインパクトドライバーと笠木を切断する為の丸ノコギリ、モルタルを練るためのスコップやバケツなどを用意しておきます。目隠しボーダーフェンスをDIYで作るのであれば、フェンスを作る場所とおおよそのサイズを決める事で段取り良く設置する事が出来ます。
作成する前に簡単な図面を作成して、必要になるパネルの数とサイズを確認してそれに合わせてビスの長さやビスの数量を用意します。フェンスを立てる場所を決めたら柱を立てる位置に穴を掘って基礎を作りますが、この際にフェンスの高さや長さに耐えられるだけの基礎を作る必要があります。
低めのフェンスの場合でも最低で60センチは確保する必要があり、しっかりと周囲を突き固めて柱が倒れないように注意する事が重用です。

フェンスを綺麗に設置する為には柱をまっすぐに立てる事が重用であり、水平器を使用してすべての柱をまっすぐに立てます。
基礎部分にモルタルを流す前に柱の高さを均等にさせておく事も必用であり、底面に土を足すなどして調整をする事が大切です。モルタルを練る際には標準よりも水分を多めにする方が隅まで届くので、基礎をしっかりと固定させる事が出来ます。
モルタルが固まったらフェンス板を貼りビスで留めていきますが、この際に上段より設置していく事で綺麗に仕上がります。空気抵抗を考慮してフェンス板を貼る際には隙間を空けておく事が必用になるので、どのような目的でフェンスを設置するかによって隙間の広さを加減する必要があります。

基礎を設置する際にモルタルを使用するのではなく、既製品のフェンスブロックを使用する事で簡単に基礎の深さや高さを調整する事が出来ます。
ウッドデッキの上にフェンスを後から立てる場合には柱材固定金物を使用する事で簡単にフェンスを設置する事が出来ます。
柱の太さや長さによっては支え柱を併せて設置する事で、安定の取れたフェンスを設置する事が可能になります。DIYでフェンスを設置する場合には、計画をしっかり立ててから設置する事で目的に合わせて安全にフェンスの設置をする事が出来ます。